GLAYライブ2024チケット倍率がやばい!一般発売いつからか徹底調査!

本サイトのコンテンツは商品プロモーションを含んでいます。

「GLAYライブ2024チケット倍率がやばい!一般発売いつからか徹底調査!」こちらをご紹介します。

この記事を読むと分かること↓

  • GLAYライブ2024チケット倍率
  • GLAYライブ2024チケット一般発売日

 

『GLAY 30th Anniversary ARENA TOUR 2024-2025“Back To The Pops”Presented by GLAY EXPO』を開催することを発表したGLAY。

タイトルからも分かる通り、結成30周年を記念したライブ!

10月にはニューアルバム「Back To The Pops」が発売されます。

そのためこういった検索も↓

  • GLAYのライブって人気高いよね?
  • 倍率ってどれくらい?
  • 一般発売はいつ開始?

といった内容を、SNSやGoogle検索窓で調べる人が多いようです。

チケット倍率や一般発売日も徹底的に調査!
解説していきます。

ということで「GLAYライブ2024チケット倍率がやばい!一般発売いつからか徹底調査!」

こちらのタイトルで情報をシェアしていきます。

 

見たいところに飛べる目次

GLAYライブ2024チケット倍率がやばい

通常、ライブの倍率を公式から発表されることはありません。

なので、口コミや予想から独自で計算してみました。

GLAY 30th Anniversary ARENA TOUR 2024-2025“Back To The Pops”Presented by GLAY EXPOの当選倍率↓

2倍~12倍

と予想しました。

計算方法は次の通りです。

倍率=チケット申し込み数÷収容人数(会場キャパ)
今回、チケットの倍率を算出するために、以下を割り出しました。
  1. 申し込み人数
  2. 会場のキャパ数(収容人数)
  3. チケット倍率
1つずつ詳しく見ていきましょう。

 

GLAYライブ2024チケット:申し込み人数

さっそく、申し込み人数を見ていきます。

通常、FC会員数は公開されません。

しかし、49万人を越えているという情報はありました。

そして、ライブの開催が発表されたことによって会員数は増えるでしょう。

そこで今回は多めに見積もって

FC会員数50万人

として、これをベースにして計算します。

それでは、申し込み人数はどれくらいになるのでしょうか?

今回の公演では1人につき6枚までチケットの申し込みが可能とのこと。

そのため、今回は申し込み枚数の固定ではなく、申し込み割合を固定して計算していきます。

FC会員の7割が申し込む前提で計算しています
  1. チケット1枚の申し込みを想定すると、350,000枚
  2. チケット2枚の申し込みを想定すると、700,000枚
  3. チケット4枚の申し込みを想定すると、1,400,000枚
  4. チケット6枚の申し込みを想定すると、2,100,000枚

これを収容可能人数で割っていきます。

 

GLAYライブ2024チケット:会場キャパ

今回のGLAY 30th Anniversary ARENA TOUR 2024-2025“Back To The Pops”Presented by GLAY EXPOは、8会場15公演

全体の収容人数は約175,000人です。

会場のキャパ内訳は↓

会場 収容人数
【大阪】大阪城ホール 16,000人×2公演
【長野】長野ビッグハット 8000人×1公演
【北海道】北海きたえーる 8000人×2公演
【東京】有明アリーナ 15,000人×2公演
【愛知】Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場) ホールA 6,500人×2公演
【広島】広島サンプラザホール 6000人×2公演
【福岡】マリンメッセ福岡 A館 15,000人×2公演
【神奈川】横浜アリーナ 17000人×2公演

上記をすべて足して、全体の収容人数は約175,000人です。

この数字から、各割合の倍率を計算していきましょう。

 

GLAYライブ2024チケット:当選倍率

それでは、実際に倍率を計算していきましょう。

  1. チケット1枚を申し込む場合
    350,000枚÷175,000人=2
  2. チケット2枚を申し込む場合
    700,000枚÷175,000人=4
  3. チケット4枚を申し込む場合
    1,400,000枚÷175,000人=8.91
  4. チケット6枚を申し込む場合
    2,100,000枚÷175,000人=12

最終的な予想倍率は↓

  1. チケット1枚を申し込む場合
    2倍
  2. チケット2枚を申し込む場合
    4倍
  3. チケット4枚を申し込む場合
    8.9倍
  4. チケット6枚を申し込む場合
    12倍
かなり倍率が高いですね。
チケット1枚の応募でも、3人に2人は落選する計算に。
今回、50万人の7割が応募する予想で計算しています。

実際にはもっと確率が上がる可能性があります。

 

GLAYライブ2024チケット一般発売いつから

今回のライブ、一般発売がいつから開始されるかはまだ未定です。

通常であればチケットが販売される流れは↓

  1. FC先行抽選
  2. プレイガイド先行抽選
  3. 一般発売(先着)

このようになっています。

すべての先行販売が終わってから、一般販売も開始されると思います。

当選確率をあげたいなら、先行抽選もおすすめ!

 

GLAYライブ2024チケット倍率がやばい!一般発売いつからか徹底調査!まとめ

「GLAYライブ2024チケット倍率がやばい!一般発売いつからか徹底調査!」

こちらをご紹介しました。

  • ドームライブの当選倍率は2倍~12倍と予想
  • チケット一般発売はありません

という結果になりました。

結成30周年を記念したこのライブ。

10月に発売されるニューアルバム「Back To The Pops」とともに注目されています。

一般発売日はまだ未定

通常の流れとしてはFC先行抽選、プレイガイド先行抽選を経て一般発売が行われるでしょう。

先行抽選に参加することで、当選確率を上げることができます。

ということで「GLAYライブ2024チケット倍率がやばい!一般発売いつからか徹底調査!」

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ご意見・感想聞かせてください

コメントする

見たいところに飛べる目次