SixTONESダンス上手い順ランキング2024!特徴をそれぞれ徹底解説!

本サイトのコンテンツは商品プロモーションを含んでいます。

「SixTONESダンス上手い順ランキング2024!特徴をそれぞれ徹底解説!」

この記事を読むと分かること↓

  • SixTONESのダンス上手い順ランキング
  • SixTONESメンバーのダンスの特徴

SixTONES(ストーンズ)は、2020年のデビュー以降、その抜群の歌唱力で注目を集めています。

一般的なアイドルの統一感あるダンスとは異なり、彼らの特徴は個性豊かなパフォーマンスにあります。

  • SixTONESのダンス上手い順は?
  • どうして動きが揃ってないように見えるの?

など、ファンとしては気になるところですよね?

そこで今回は、ストーンズのメンバーに焦点を当て、ダンス上手い順にランキング、それぞれのメンバーの特徴も分析しました。

ということで「SixTONESダンス上手い順ランキング2024!特徴をそれぞれ徹底解説!」

こちらのタイトルで情報をシェアしていきます。

見たいところに飛べる目次

SixTONESストーンズダンス上手い順ランキング2024

早速、ストーンズのダンス上手い順をご紹介します。

ランキングはこちら↓

  • 第1位:森本慎太郎
  • 第2位:松村北斗
  • 第3位:ジェシー
  • 第4位:京本大我
  • 第5位:田中樹
  • 第6位:髙地優吾

※こちらの人気ランキングは個人的に調査しているものです。

メンバーの能力や容姿についての中傷・揶揄等をする目的は一切ありません。

  • インスタのハッシュタグの数
  • X(旧Twitter)のいいね、コメントの数

これらを独自に集計しました。

SixTONESダンス上手い順1位:森本慎太郎

ストーンズのダンス上手い人ランキングで1位に輝いたのは、森本慎太郎さんです。

彼は持ち前の体幹の良さを生かして、高難度の振り付けも難なくこなしてしまいます。

小さい頃に体操を習っていた経験もあり、メンバーの中でも特に軽やかな動きが印象的です。

そのダンスの腕前はストーンズ内だけでなく、ジャニーズ全体でもトップとして名前が挙げられています。

また、特技のアクロバットを巧みに取り入れたダンスアレンジは、いつ見ても爽快な気分にさせてくれます。

SixTONESダンス上手い順2位:松村北斗

松村北斗さんは、ボーカル・ダンスともに圧倒的な表現力を持っています。

俳優としても活躍しており、特に重要な役どころでは見事な表現力を発揮します。

彼のダンスは全体的に力強くダイナミックでありながら、細部にわたる丁寧なアプローチも感じられます。

総合的な評価は非常に高いですが、今回はダンスのみに焦点を当てたランキングという事で、惜しくも2位にランクインしました。

SixTONESダンス上手い順3位:ジェシー

ジェシーさんの最大の強みは、高身長を活かした迫力のあるダンスです。

彼のスタイルの良さが激しいダンスでも、洗練された印象を醸し出しています。

高身長を活かした、迫力満点のダンスが見る人を引き付けます。

体幹も今回のランキングのトップである森本さんに次ぐレベルだそうです。

ジャニーズに入所した当初はアイドルについて全く分からなかったというのが、今では信じられない話ですね。

SixTONESダンス上手い順4位:京本大我

京本大我さんはダンス上手い順で4位にランクインしました。

その理由は、彼が自らも認める運動音痴として知られていることです。

ただし、ステージに立てばセンターを担うだけあり、他のメンバーと一緒に踊っても全く見劣りしないダンスのクオリティを持っています。

通常は歌唱力に注目が集まりがちな京本さんですが、ダンスにフォーカスすると新たな一面が見える、とても魅力的なアイドルです。

SixTONESダンス上手い順5位:田中樹

5位は田中樹さんという結果に。

バスケ部だったとのことで、学生時代に培った運動神経とスタミナが彼の武器。

彼はダンスが下手ではないものの、今回のランキングではやや物足りない結果でした。

グループでは主にラップを担当しており、ラップと同時にダンスをこなすことは高度な技術が必要になります。

ラップとダンスの両立のためかダンスで知られています。

動きがスタイリッシュで、無駄な動きを削ぎ落した省エネダンスが見れるなんて貴重ですね。

基本的なダンスのスキルはしっかりと身につけているため、今後の成長に期待!

SixTONESダンス上手い順6位:高地優吾

「運動は得意だけどダンスは苦手」とカミングアウトしている高地優吾さん。

彼はライブでも冒険をあまりせず、原曲や元の振り付けに忠実なスタイルが多いです。

しかし、その安定感がストーンズのダンスにまとまりを与えています。

どんな曲でもしなやかに合わせる姿勢は、彼の魅力の一端です。

SixTONESストーンズメンバーのダンスの特徴

メンバーそれぞれの個性が光るものであり、そのバラエティ豊かなスタイルがストーンズの魅力です。

以下に、ダンスの特徴を分析してみました。

  • 森本慎太郎:ダンス・アクロバット隊長として知られ、持ち前の体幹の良さで高難度の振り付けをこなす。
    体操部での経験が生き、重心が低くても軽やかな動きが特徴です。
  • 松村北斗:ボーカル・ダンスともにずば抜けた表現力を持ち、曲の雰囲気によって柔軟にダンスを変える。
    緩急があり、キレのある動きが魅力。ダンスのアレンジにも注目です。
  • ジェシー:高身長を活かした迫力満点の動き。激しいダンスでも、洗練された印象を与えてくれます。
    スタイルが良く、高い体幹を生かした力強いパフォーマンスが特徴です。
  • 京本大我:軽やかで繊細なダンスが魅力。曲によっては技を見せるタイプ。
    直線的な動きより曲線的な動きや胸のポッピングが特徴です。
  • 田中樹:高めの重心で軽やかに踊るスタイル。
    動きがスタイリッシュで、無駄を削ぎ落した省エネダンスが貴重です。
  • 髙地優吾:動きは安定感があり、メンバーの中で中央値のダンスをしている。誠実なパフォーマンスが特徴です。

ストーンズのダンスは、メンバーそれぞれの個性が色濃く表れています。

重心の使い方、動きの大きさ、繊細さ、アクロバットなど、多彩な要素が組み合わさり、グループ全体のまとまりと個々の個性が見事に融合しています。

その結果、揃っていないようでいて不思議なほどまとまりのあるパフォーマンスが完成しているんです。

SixTONESダンス上手い順ランキング2024!特徴をそれぞれ徹底解説!まとめ

「SixTONESダンス上手い順ランキング2024!特徴をそれぞれ徹底解説!」

こちらをご紹介しました。

第1位:森本慎太郎
第2位:松村北斗
第3位:ジェシー
第4位:京本大我
第5位:田中樹
第6位:髙地優吾

という結果になりました。

ストーンズのメンバーは、ダンスの基礎はしっかりしています。

揃っていないからこそ魅力的であり、メンバーひとりひとりが持つ個性が輝くのではないでしょうか。

彼らは絶えず努力し、独自のスタイルを貫きながら成長していることが窺えます。

どのメンバーもファンにとって不可欠な存在であり、その異なる輝きがグループをより魅力的にしています。

今後もストーンズの新しいダンスパフォーマンスに目が離せません!

ということで「SixTONESダンス上手い順ランキング2024!特徴をそれぞれ徹底解説!」

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ご意見・感想聞かせてください

コメントする

見たいところに飛べる目次